エビデンスのない話

アクセスカウンタ

zoom RSS 福島原発と政府の対応

<<   作成日時 : 2011/03/15 22:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

情報を小出しにするのはやめて欲しい。

日本は原爆の唯一の被災国であり、第5福竜丸の被曝国でもあるが、今回の福島原発での対応を誤ると被災国であり加害国であるという本当に「冗談ではない」事になってしまう。

政府及び東京電力は直ちに正確な情報を発表すべきである。「パニック回避」という名目は全世界的「ハザード」に対しては無力である。

何が天災でどこまでが人災であるか、明らかになるのは非常な苦痛を伴うことではあるが、そんなことを言っている場合ではないのでは?

今回の問題が大きな被害をもたらさずに終焉することが望ましいにせよ、きちんとした説明をするべきだと思う。情報を公開することによって起こるパニックよりも情報を隠したことにより異常事態が起こったときに起こるパニックの方が大きいのだ。

テレビを見ていると日を追うごとに原子炉の周りの機械の表示が増えている。初めから表示出来るでしょうに。排気系が問題でしょう。冷却系が問題でしょう。「水を注入出来ない。」レベルの報道はもう必要ない。

今も原発周囲には米軍の情報収集機が周回していると思われる。嘘はすぐにばれる。

現場にカメラは入れないのか。

被災された方々へ裏切り行為はして欲しくない。仮に人災で原発が放射性物質をまき散らせば被災された方々は本当に救われない。

私は原発について詳しく知っている訳ではないし、原発の現場にいる方々は本当に命をかけて対応されていることと思う。それゆえに文字通りの「誠実な」対応が欲しいと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
福島原発と政府の対応 エビデンスのない話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる